手書きの手間が省ける!ソフトでの給与管理

決まった処理を自動的に行える

給料の支払いは毎月それほど項目が大きく変わるわけではありません。基本給があり、通勤手当、家族手当などがあります。社会保険料も基本的には毎月同じです。残業代があれば計算をする必要があり、金額が変われば所得税の源泉徴収額や実際の支払額なども変わってきます。変更する項目もあるものの、変更しない項目も多いです。給与計算を手書きで行おうとすると、毎月同じ金額の部分も同じように手作業で入力しないといけません。さらにそれを元に残業代や源泉徴収額を手計算する必要があり、入力ミスや計算ミスが発生しやすくなります。専用ソフトを使えば、固定部分のデータはそのままコピーなどができます。残業時間などを入力すれば後は自動的に計算をしてくれます。

計算ミスがあると修正が大変

人が何らかの作業をするとき、少なからずミスがあります。文字をそのまま書き写しているつもりでも少し間違ったり、電卓を打ち間違えて計算のミスが出たりします。もちろんミスが出ないようにチェックをしたりもしますが、そのまますり抜けて間違ったまま処理が進むときもあります。給与計算は単に従業員に給料を支払うだけでなく、税金や社会保険料の徴収を行います。それらの金額を間違えると、将来的に修正が必要になります。5月分の処理が間違っていたから5月分に戻って修正するなどができず、それ以降に過去の修正などをしなければいけません。専用のソフトを使えば、計算ミスを減らせます。入力項目も少なくなるので入力ミスも少なくなります。ミスが減れば修正する機会も減ります。