目的に合ったものを!会計ソフトの選択基準

目的、経理の知識、費用を考えて選ぼう

会計ソフトはさまざまな種類があるので、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。特に会社を起業したばかりの個人事業主や中小企業の場合、経理の知識が乏しい場合が多いので、会計ソフトを選ぶのに苦戦してしまうことがあるでしょう。会計ソフトを選ぶ場合にまず考えなければならないことは、どのような目的で使用するか、使用する人の経理の知識はどれくらいか、どのくらいの費用まで会計ソフトに出せるかの3点です。
会計ソフトを使用する目的としては、個人事業主で青色申告による確定申告を行いたいのか法人で決算書類の作成を行いたいのかに分かれます。会計ソフトによっては仕分けがわからなくても自動で仕分けをしてくれる機能があります。経理の知識があまりないのであればそれらのソフトを使用しましょう。会計ソフトは安いものから高いものまでさまざまなものがあるので、予算に合ったものを選ぶことが大切です。

インストール型とクラウド型

最近の会計ソフトは、インストール型とクラウド型の2つが主流となっています。
インストール型とは、ネットからのダウンロードや家電量販店から一括で購入する会計ソフトのことをいいます。現状ではこのインストール型が数として一番多いのですが、今後はクラウド型に変更するパターンが増える傾向にあります。
クラウド型は、初期費用なしで月額料金を毎月支払う形の会計ソフトのことをいいます。月額料金を毎月支払えばバージョンアップの追加料金もないというメリットがあり、ネット環境さえあればどこでも使えるという利便性を兼ね備えています。他にも金融機関データの自動取り込みや自動仕分け機能などもついているので、経理業務を効率化させることが可能です。なるべく経理に時間をかけたくないと考えているならクラウド型を選ぶのがいいでしょう。