無料でも大丈夫!?無料ソフトと有料ソフトの違い

会計ソフトを使うメリット

会計ソフトは簿記の収入と支出の表が掲載されたソフトをインストールしその中で内容をまとめるためのものです。会計ソフトを使うメリットは、これまで確定申告などの会計関係の事柄を行うためには事務所から書類を入手して手書きで記入する方法が一般的です。しかし手書きは信頼性が高い半面、記載にはボールペンが必須なので書き間違えると書き直す手間がかかることが難点です。その点会計ソフトであれば、パソコン上で情報を入力してから印刷するという方法を取ります。一度情報を入力してから記録するものなので、書き間違いに気づいた時にはすぐに訂正が可能であり、パソコン内に記録しておけば書類を紛失しても再び作り直すことが可能です。そのため確定申告などの会計を行うときには会計ソフトを使うことをお勧めします。

無料ソフトと有料ソフトの違い

会計ソフトを使うにしても、世の中には無料ソフトと有料ソフトというものが存在します。この無料ソフトと有料ソフトの違いとは、入力できるデータ容量と機能の多彩さにあります。無料ソフトは容量と機能を必要最低限のものに抑えたものであり、会計ソフトで数日から1年といった期間の収支の情報を入力したいという場合に便利です。そのため、これまで会計ソフトを使ったことがない人が練習として使ったり、個人や団体でも数百人程度の小規模の会計に用いたりします。その点有料ソフトは無料で制限をしていた容量や機能をフルに使えるものであり、複数年の収支記録や表やグラフなどを用いて明確に記載するために使用します。そのため有料は無料で慣れた人が使用するか、営業が安定している中小及び大企業の公認会計士などが使用します。